読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

わかってるよ。わかってる。

 

 

 

女の子の扱いなんて仙人レベルなのに、気持ちが態度にすぐに出るところが好き(笑)

かわいい(笑)

 

 

私があなたと話しているとき、後ろにお気に入りの女の子が並び始めた途端、話すスピードが速くなるところ。

 

私がよく話しかける週は塩対応するところ。

 

身体のラインが出る洋服が視界に入った瞬間、もとから大きい目がびっくりするくらい、もっと大きくなるところ。

 

ワンピースを着て脚を出していたら、ガン見するところ(友人談)。

 

 

わかりやすくて好き。*\(^o^)/*

 

 

 

 

 

 


わかりやすいって思いたい。

だって、知らないことが多すぎるし、あまり業務以外のこと話せないし。

少ししか見れないあなたの言動からいろいろ推測することしかできないけど。

 

 


わかってるよ。

強がってるんだよ。

あなたのこと何も知らないもん。

知ってるフリして、自分を満足させたいだけだよ。


わかってるよ。


でも好きだよ。

 

 

来年ね?

 

 

 

 

 

 


今日も楽しかった。

 

 

今日はとてもついていた。

ありがとうございました。

 

 

明日はきっともっとついている。

 

明日もリハーサルだ。

がんばるぞ*\(^o^)/*