読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

女の子は見られることでかわいくなる。


女の子は見られることでかわいくなる。

みたいな話を聞いたことがあるけれど、それは本当だな、って思った。

 

 

「雰囲気が女の子っぽくなったね。」と最近言われる。(1番一緒にいる友達からしか言われてないけど。)

 


どうしてだろう?

って、しばらく考えてみて、分かったかもしれない。

「1人の女の子として、特定の男性に認識されている。」っていう意識が、私の雰囲気を変えたのかもしれない。

自分で言っておいて、自意識過剰と言われれば、否定はしないが、勘違いでも効果は出ているようなので、それを前提に話します。

あの人ではないけれど、近くのコンビニの店員さん。店員さんは、目がかわいくて、声もかわいい。(男性です。)


1か月くらい前かな、店員さんが、私のいる方向に向かって、他の客の接客中にウインクしてきた。

私に向かってしてもらったなんて思わなくて、後ろを振り向いたら、性別不詳みたいな土木作業員の方がいたので、それを目撃した友達と私の間で、店員さんはゲイだということになった。

だけど昨日、他の客の接客中なのに、ふと目があった時に微笑んでくれた。

周りに人はいなかったから、たぶん私に、だと思う。


勘違いではないことを祈る…。(笑)

今日はコンビニに入ると、店員さんが偶然目の前を通って、「おはよう。」って言ってくれた。たぶん。「おはよう。」じゃなかったとしても、何か言ってくれた。

嬉しかった。

 

でも、他のお客さんと笑顔で話してるのを見ると、少し嫉妬しちゃった。

 

 

 

 


だけど、こういう経験って多分初めて。

どういう目かは分からないけれど、自分を見てくれている異性がいるっていう気持ち。

とっても嬉しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

誰でもいいっていうわけじゃないけど、

こんな私、はたから見たら、

かるいって見えるのかなーなんて思うと、

自分が嫌になって、

ベクトルを内側じゃなくて

外側に向けたくて、

自分のことには目をつぶって、

友達や異性のことばっかり

気になっちゃって…。

 


いいかげん、この悪循環を断ち切りたい。