読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

鈍感さが欲しい。


鈍感さが欲しい。

気づかなければよかった。

あなたを目で追わなければよかった。

そしたら、あなたの後を歩くあの子の存在になんて気づかなかったのに。

あなたが歩いていった1分後、同じ方向に、あの子が歩いていくのを見たんだ。

LINEの会話画面を開いて、何かに取り憑かれたように、あなたと同じ方向に歩いていった。

あの子は携帯と、もう片方の手に何かを持っていた。

でも、帰ってきたときには携帯しか持っていなかった。

そして、カードみたいなものを片手に持っていた。

それを財布にしまおうとしていた。




コンビニの色じゃなかったよね。

なんのカード?白のコンビニなんてないよ?









まさかね。

そんなことしないよね。

そんなに近くで2人きりとかならないよね?












あんなに過疎ってるレストランにも2人きりで行くのは断ったんだもんね。


そんなことしないよね。








って私に思わせるくらい、あなたは私を上手に扱って、とても慣れているね。

好かれているのか嫌われているのかも分からなくて、私はどうしたらいいのかわかりません。





どこまで本当なの?











教えてよ。






















あなたが私にかまってくれたように、他の子にもかまってあげてるのかな。







「私の将来のために、わざと相手にしてない。」って考えていい?

こんな風に考えないと、私が壊れちゃう。

自分が守れない。















今日ね、「人が真に欲しているのは深い愛情だが、欲する対象を獲得しても、それは相手からの深い愛情の保証と感じられることはない。」っていう文章を読んだんだ。



それなら、誰を愛しても満足しないなら、私は誰かを好きになる勇気がないよ。












 








こんなこと、本当は考えるだけでもきつい。


こんなこと考えない鈍感さが欲しい。




鈍そうな人を見かけると、ついつい羨ましく思ってしまう。





ああ、私もあんな風にいろんなことに気づかなかったらいいのに。

気づかないふりをして自分の感情を押し殺す労力が省けるのに、って。







広告を非表示にする