恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

恋敵。

 

 

こんな短い人生の中で、「殺意が芽生えるほど恋敵が恨めしい。」って思ったことは何回もあったような気がする。

 

だけど、時間が経つと、「そんなに気にするほどのことでもなかったな。」なんて思ったりもする。

 

 

 

 

 

 

そのときは、その人のことで頭がいっぱいになっても、冷静になればそれほどでもない。

 

 

 

逃げ出したいような状況にいるからこそ異性を見てしまう私は、まだまだ弱い人間だな、って思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が心を寄せる異性(Aさん)から、客観的に見ても、気に入られている女性がいる。

 

Aさんの名前がその子から出るように私がさりげなく話題を振ると、期待通り、その子はAさんの名前を口にした。

 

「Aさんいいよね。かっこいいし。」と最後にその子は言った。

 

「ね。」って明らかに同意を求められたけど、私はもう周囲の人に「Aさんを追うのはやめる。」と宣言したから、同意はしなかった。流した。

 

その子が私の表情をどう受け止めたのかは分からないが、「Aさんいいよね。かっこいいし。」と言った直後の私の表情を見て、その子は全てを察したかもしれない。

 

その時私がどんな表情をしていたか覚えていないから、たぶん、感情剥き出しの顔になっていたかもしれない。

 

気をつけないと。

 

でも、もうそれならそれでいいかな。

 

お互いの気持ちを知った上で、Aさんの所に行くんだもんね。

 

あなたが占領したいなら譲るから。

 

 

 

どうぞ?

 

 

私は勝手に高みの見物しときますから。

 

 

 

お楽しみくださいませ。

 

 

 

共に頑張りましょうね。

 

 

 

 

 

あ、先週は連日欠勤していただき、どうもありがとうございました。

 

おかげさまで、私はAさんと少しお話ができました。うふふ。

 

 

 

 

あなたが話したいなら譲りますよ?

 

 

どうぞ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はクリスマスイブ。

 

あなたは、サンタさんになっているのかな。

 

もう家に着いたかな?

 

今週もお仕事お疲れ様でした。

 

 

 

明日は休みですね。

ゆっくり休んでください。

 

 

そして、また来週から、楽しみにしています♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はとてもついていた。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

何もない日こそ、尊いものですね。

 

 

 

 

 

 

テンション高めの日より、普通の日の方が、地に足がついた幸せが感じられる。

 

気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はきっともっとついている。

 

明日もがんばりましょー^_−☆

 

 

 

 

広告を非表示にする