読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

自分で買うこと。

 

 

 

先日、父親と買い物に行った。

と言っても夕方だったから、夜ごはんを作ってくれている母親のためにも、早く帰らないといけなかった。


数ヶ月後に、1週間ほどの旅行の予定がある私に、「下着も買っとけば?」と言った。デパートのようなところだから、キャミソールなどの肌着と、ブラジャーなどの下着が近くのエリアにあった。

私は、「え?下着?あっちもいいの?」と、いわゆる下着が売ってある方面を指さして聞いた。

父親は、いきなり目を輝かせた私に少しの驚きを隠しながら、「いいよ。タバコ吸ってくるから。」と言ってくれた。

 

 

 

私は下着コーナーへ行った。

だが、少しいつもと違う。

なんか違う。

いつもの、わくわく感がない。


陳列の種類が少なすぎる、というのも要因の一つだとは思うが、いつもと違う。


その理由を考えてみた。

父親に買ってもらう。」という思考が頭の中にあったからだと分かった。

 

 

 

いつも下着は自分で買うから、他の人に払われるのはあまり良い気持ちがしないみたい。

好きな人に買ってもらうなら、また別かも知れないけれど。


パパ活なんて言葉があるけれど、実の父親に下着を買ってもらうのすら抵抗を感じてしまったから、私はパパ活できなさそう。よかった。


自分の中のまだ純粋な一面に気づくと、ほっとする(笑)

 

 

 

ってことで、下着は買いませんでした。


今度1人で買いに行こうかな。

 

 

 

 

 


今日は、また新しいアイディアが思い浮かびました。

サポートは何でもするって言ってくれる人がいるから、実行するときは相談してみようかな。

 

 

 


今日はとてもついていた。

ありがとうございました。

 

 

 

明日は会える*\(^o^)/*

明日はきっともっとついている。

 

 

がんばりましょう*\(^o^)/*

 

 

 

 

 

広告を非表示にする