読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

嬉しかった。

 

今日はいないあなたが、昨日、「○○して仲介者に渡しておくね。」と言ってたから、今日はもらえるかな、って少し期待してたら、朝一では受け取れなかった。


でも、その1時間後ぐらいかな、自分の机の上に置いてあって、嬉しかった。

 

 

忘れてしまったのかと思ってたけど、覚えてもらえてて、とても嬉しかった。


今週もあと1日だ。がんばろう。

 

 

 

今日はとてもついていた。

ありがとうございました。

 

 

 

 

明日はきっともっとついている♪

 

 

広告を非表示にする