読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋する乙女のひとりごと。

惚れた理由もわからないまま恋してしまった。

天使と悪魔と小柳



自分の中に、2つのキャラクターがいる。

Aは、「そうだよ。やっぱりあの人はチャラい遊び人なんだよ。やっと目覚めた?よかったよかった。早く足洗おう?」と。

Bは、「考えすぎなんじゃない?恋愛は考えるものじゃないんだよ。トキメキに身を委ねて、ぶつかっちゃえー!!!!!‼︎」と。

どちらが正しいかなんてわからないし、どうしたらいいのかわからない。でもやっぱり、他の女の人といるのを見ると嫉妬しちゃう。


なんかなー。あなたから言われた「がんばって。」は、びっくりするほど心に響かなかった。期待しすぎてたのかな?少しも心に響かなくてびっくりした。



っていうことは、「本当の好き。」だったのではなくて、「現実逃避のためのドキドキが欲しかった。」だけなのかな、って。





でもまだわからない。






なんなんだろう。この気持ち。




「好き。」とまでは行かないけれど、「放っておいたらだめだ。会って話さないと。」と思わせるあの魅惑の顔立ち。声。優しさ。丁寧さ。香り。


本当に。なんなんだろう…。






広告を非表示にする